2019.09.05

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑤

259磯野家相続 家族が揉めるとき 連棟物件とかの場合

磯野家1

波平が亡くなって磯野家が揉めるシリーズです。

今回は連棟物件とかの場合です。

連棟物件というのはお隣さんと壁を共有している建物です。

波平が連棟物件を所有していたとします。

相続が開始して磯野家の人々がそれを売却しようとした場合、全くの第三者に売却するのは困難です。

壁がつながっている為。

評価はあるが、売れないという物件です。

揉める要因になります。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続