2019.09.09

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑥

261 磯野家相続 花沢不動産のビジネスモデル 花沢社長を考える

磯野家1

波平が亡くなって磯野家の自宅不動産を売ることになった場合、きっと花沢不動産にお願いすると思います。

花沢不動産のビジネスモデル等を考えていきたいと思います。

今回は花沢不動産の代表者について考えていきます。

花沢不動産が都知事から免許を受けている為、花沢社長が暴力団関係者、最近は破産していない、警察に大きく面倒を掛けるようなことはなかったことが分かります。

不動産は従業員がいる雰囲気がない為、きっと花沢社長が宅建の資格を持っていると思われます。

不動産業の免許を受ける場合、暴力団関係、破産、犯罪など犯していると免許が取れなかったりします。

そういった前提条件があっての不動産業の免許です。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続