2017.11.20

カテゴリー:磯野家相続シリーズ①

74 磯野家相続 遺産分割協議書に印鑑を押すということ

磯野家相続

磯野家の場合、波平が亡くなって相続人(財産を貰う権利も持つ人)が

フネ、サザエ、カツオ、ワカメです。

 

 

法律で決まっている取り分はフネが半分で、子供3人は6分の1です。

 

 

しかし、法律で決まっている取り分というのはあくまで決まっているだけです。

裁判等になった場合の基準や遺産を分ける際の目安でしかありません。

 

 

必ず、その取り分で分けなくてはならないものではありません。

 

あくまで当事者(相続人同士)の話合いの方が優先します。

 

 

例えば、ワカメは法律の取り分は5000万なのに、10万円を貰う内容の

遺産分割協議書に署名捺印すれば、原則波平の財産を10万円以上は要求できません。

 

 

法律や遺言、親戚の意見、その他の方の意見より相続というのは相続人

(フネ、サザエ、カツオ、ワカメ)の話合いが優先します。

 

 

ですので、相続人間の話合いには正確な資産の情報や知識が必要になります。
どんな小さなご相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

 

不動産2

 

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続