2019.05.13

カテゴリー:磯野家相続シリーズ③

158 磯野家相続 遺言を書いておいた方がいい場合 家族が仲悪い場合

磯野家1

今回の遺言を書いておいた方がよい場合は家族の仲が悪い場合です。

遺言の活用のもっとも基本的なところです。

波平が生きている時より磯野家が仲が悪い場合など自分が亡くなった後、相続問題で揉めることが予想される場合は遺言を書いておくべきです。

遺言を書いたとしても絶対揉めないということではありません。

しかし、紛争防止のため書いておいた方がよいです。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続