2019.06.14

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑤

204 磯野家相続 家族が揉めるとき 不動産があるとき

磯野家1

波平が亡くなった後、磯野家が相続の話で揉めるシリーズです。

今回は不動産がある場合です。

遺産分け方の話で難しいのは不動産がある場合です。

不動産は現金と違い、簡単に割ることができません。

共有や土地を分けて持ったり、売ったりして分けたり出来ますが簡単ではありません。

磯野家も自宅不動産があります。

これをどうするかで揉める可能性があります。

ざっくりですが磯野家の自宅を売却した場合、2億以上にはなります。

対策としては専門家を交えてお話するのが良いです。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続