2019.08.19

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑤

244 磯野家相続 家族が揉めるとき 養子関係で揉める場合

磯野家1

波平が亡くなって磯野家が揉めるシリーズです。

今回は養子関係で揉める場合です。

マスオが波平と養子縁組をしていたと想定します。

すると波平の財産を相続することになります。

遺産分割協議書という財産をどう分けるかの取り決めの書類にマスオのサインが必要になります。

他の相続人(カツオ、ワカメなど)からは不満が出る可能性があります。

血縁関係のない人間に財産がいくことへの嫌悪感によって揉めることがあります。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続