2019.09.06

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑥

260 磯野家相続 花沢不動産のビジネスモデル 不動産屋としての前提条件

磯野家1

波平が亡くなって磯野家が揉めるシリーズです。

今回からは磯野家のご近所の花沢不動産について考えてみようと思います。

もし磯野家が不動産売却を依頼するとしたら花沢不動産にお願いすると思います。

花沢不動産は東京都世田谷区に店舗を構えています。

憶測ではあるが東京都以外に支店とかがない為、東京都知事免許によって営業していると思われます。

この免許が無かったら不動産屋は出来ないです。

そしてこの免許は5年ごとに更新ですので、更新を繰り返し、老舗になればなるほど免許証のカッコ内の数字が増えていきます。

花沢不動産は社長(花沢さんのお父さん)が一代目なら(1)~(4)ぐらいが妥当です。

しかし、カッコ内の数字だけで判断するのも良くないかもしれません。

東京都知事免許の横にカッコして数字が記入されていますがそれが一つの不動産屋さんを見るときの指標になります。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続