2019.09.09

カテゴリー:磯野家相続シリーズ⑥

263 磯野家相続 花沢不動産のビジネスモデル 不動産を売る2

磯野家1

磯野家が不動産を売却する場合、花沢不動産に相談すると思います。

そして、花沢不動産と専任の媒介契約(仲介をお願い)をしたとします。

すると、花沢不動産は買主さんを見つける為、いろんなことをします。

まず、指定流通機構(不動産屋の市場)に出展したり、インターネット広告をしたり、折込広告をしたりをします。

そして、買主さんを見つけて契約をし、お金の支払いと物件の引渡しを行います。

そこで、磯野家から仲介手数料を貰います。

この額は売買代金の3%+6万円+消費税が上限です。

現在の磯野家の不動産の相場は2億前後と思われます。

仮に2億で売れた場合、花沢不動産への仲介手数料は約600万円です。

どんな小さな相談でも結構です。お気軽に相続相談室までご相談ください。

◯相続相談室 岩田佑介監修
◯価格:1,400円+税

amazonで
ご購入頂けます。

ワンコのワンストップ 相続相談室

カテゴリー

相続対策コラム

相続の疑問お答えします

磯野家相続シリーズ①

波平の相続は大変

磯野家相続シリーズ②

磯野家の土地・不動産問題

磯野家相続シリーズ③

波平の遺言とは?

磯野家相続シリーズ④

波平が亡くなった時フネは?

磯野家相続シリーズ⑤

相続が争族になるとき

磯野家相続シリーズ⑥

花沢不動産のヒミツ

磯野家相続シリーズ⑦

磯野家の疑問に答えます

赤い彗星の相続シリーズ①

シャアの相続問題

赤い彗星の相続シリーズ②

シャアだって悩んでる相続